戻る
院・心 2単位 春学期火5
担当教員 清河
KIYOKAWA
科目名 EDUPA6105J 認知心理学研究Ⅰ
Seminar on Cognitive Psychology I
高専人科目名 EDUPP6105J 認知心理学Ⅰ
Cognitive Psychology I
概要/Outline 様々な心理学的現象がなぜ生じるのかについて、妥当かつシンプルな説明を示すことは研究を進めていく上で必須である。本演習では、各自の関心に合った英語論文を選定し、そこで示されている現象について、各自が説明を提示し、よりよい説明となるよう議論する。なお,現象は認知心理学領域のものを歓迎するが,これに限定しない。
The aim of this course is to help students acquire the skills necessary to explain various psychological phenomena scientifically. In the class, students are asked to choose articles recently published in English and to explain how and why the phenomena shown in the article occurred. The students have to hand in the task every week and are required to participate in the discussion.
到達目標/Objectives 各自の関心に合った心理学的現象に関する妥当かつシンプルな説明を行うスキルを身につける。
At the end of the course, students are expected to make simple and valid explanations to the psychological phenomena in which they are interested.
授業の内容/Contents 出題者は英語論文を選定し、説明の対象となる現象について簡単にまとめる。それを受けて受講者全員が現象がどのようにして生じたのかについての説明をまとめ、課題として提出する。たたき台となる説明を中心に、どのような説明が望ましいかを議論する。なお、具体的な授業の進め方については、初回に授業時に詳しく説明する。
Students are asked to choose articles recently published in English and to explain how and why the phenomena shown in the article occurred. The students have to hand in the task every week and are required to participate in the discussion. The more detail information will be provided in the first class.
教科書/Textbook 特に指定しない。
参考書・参考資料/References 授業時に適宜紹介する。
成績評価方法/Evaluation 課題,担当回での発表,授業時の議論への参加によって総合的に評価する。
The overall grade in the class will be decided based on the tasks and class discussion attendance.
履修条件/Conditions 特になし。
その他の注意/Remarks 本授業は日本語で行う。発表回数は受講者数に応じて決定する。課題は毎回出される。積極的な参加を期待する。
This course will be taught in Japanese. The students have to hand in the task every week and are required to participate in the discussion.