戻る
院・心 2単位 前期火1
担当教員 平石
科目名 生涯発達心理学研究I EDUPA6201J
Seminar on Life-span Developmental Psychology Ⅰ
高専人科目名 生涯発達心理学I EDUPP6201J
Life-span Developmental Psychology I
概要 この授業では,メジャーな英文雑誌に掲載された青年期における心理社会的発達と適応に関する論文をレビューし,青年期発達に関する研究の動向と課題について検討することを目的とする。
This course deals with the recent theories and methodology on psychosocial development and adjustment in adolescence. The purpose of this course is to review recent studies on adolescent development and examine the research trends, as well as future directions.
到達目標 青年期発達に関する最新の理論と研究の方法論を学び,受講生自身の研究テーマを遂行する上でのスキルを向上させることを目標とする。
The goal of this course is to help students learn recent theories and methodology on adolescent development, and enhance the necessary skills and knowledge for studying their own research concern.
授業の内容 受講生が指定された英文雑誌の中から,関心のある優れた論文を選択し,その論文の内容の紹介を行い,それに対する討論を行う。
1回目 イントロダクション
2回目 青年期発達に関するレクチャー(1)
3回目 青年期発達に関するレクチャー(2)
4回目 受講生による論文紹介と討論(1)
5回目 受講生による論文紹介と討論(2)
6回目 受講生による論文紹介と討論(3)
7回目 受講生による論文紹介と討論(4)
8回目 受講生による論文紹介と討論(5)
9回目 受講生による論文紹介と討論(6)
10回目 受講生による論文紹介と討論(7)
11回目 受講生による論文紹介と討論(8)
12回目 受講生による論文紹介と討論(9)
13回目 受講生による論文紹介と討論(10)
14回目 受講生による論文紹介と討論(11)
15回目 総括

Each student is asked to review major journal articles on adolescent development, and introduce an excellent article. The students are also expected to criticize and discuss articles introduced in the class.

Contents:
1. Introduction
2. Lecture on adolescent development (1)
3. Lecture on adolescent development (2)
4. Students’ presentation and discussion (1)
5. Students’ presentation and discussion (2)
6. Students’ presentation and discussion (3)
7. Students’ presentation and discussion (4)
8. Students’ presentation and discussion (5)
9. Students’ presentation and discussion (6)
10. Students’ presentation and discussion (7)
11. Students’ presentation and discussion (8)
12. Students’ presentation and discussion (9)
13. Students’ presentation and discussion (10)
14. Students’ presentation and discussion (11)
15. Review
教科書 特になし
参考書・参考資料 授業内で適宜紹介する。
Will be introduced in the class.
成績評価方法 授業内での発表(50%),最終レポート(40%),討論の参加状況(10%)で評価する。授業では毎回出席確認をし,4回以上の欠席者は「欠席」とする。
Grading will be decided according to the following process: Group presentation(50%), Report(40%), and In-class contribution(10%).
履修条件 特になし
その他の注意 授業中に積極的に質問や意見などの発言をすること。また,授業外の時間帯で関連資料についての学習を行うなど予習・復習をすること。
The students are expected to 1)preview and review the reference books, 2)discuss actively and contribute in the class.