戻る
学部 選必II2単位 前期金3
担当教員 窪田
科目名 発達援助臨床学講義II−臨床コミュニティ心理学− EDUPS3522J
対象学年 3年以上 他学部受講 不可
時間割コード 0215312
概要 臨床コミュニティ心理学は、臨床心理面接、臨床心理査定、臨床心理学的研究と並ぶ臨床心理士の四つの専門領域の一つ、臨床心理学的地域援助<臨床コミュニティ・アプローチ>の理論的基礎をなすものである。本講義では、臨床コミュニティ心理学の理論と技法の概要をさまざまな領域における実践例を通して理解することを目指す。加えて、臨床心理学的域援助<臨床コミュニティ・アプローチ>としての心理危機マネジメント及び、心理教育について可能な限り体験的に理解できることを目指す。
到達目標 臨床コミュニティ心理学の基本的な考え方、方法論を実践的展開例を通して理解する
臨床心理学的域援助<臨床コミュニティ・アプローチ>としての心理危機マネジメントの概要を理解する
臨床心理学的域援助<臨床コミュニティ・アプローチ>としての心理教育の基礎を理解する
授業の内容 1 臨床コミュニティ心理学とは
1 オリエンテーション    ;発達援助臨床学Ⅱで何を学ぶか
2 臨床コミュニティ心理学とは;我が国における臨床心理学の発展過程
                我が国におけるコミュニティ心理学の発展過程
                臨床コミュニティ心理学の成り立ち
3 臨床コミュニティ心理学の背景理論1;危機理論、ストレス理論
4 臨床コミュニティ心理学の背景理論2;システム理論、ソーシャルサポート理                     論、行動理論
5 コミュニティ心理学の主要概念1;予防重視、発達・成長モデル
6 コミュニティ心理学の主要概念2;エンパワメント、コミュニティ感覚
7 臨床コミュニティアプローチの方法論1;危機介入、コンサルテーション、コラ                     ボレーション
8 臨床コミュニティアプローチの方法論2;ネットワーキング、自助グループ、ア                     ドボカシー
9 臨床コミュニティ・アプローチとしての心理危機マネジメント1;臨床コミュニ   ティ・アプローチの視点からの学校コミュニティの危機への心理支援(理論)
10 臨床コミュニティ・アプローチとしての心理危機マネジメント2;臨床コミュニ   ティ・アプローチの視点からの学校コミュニティの危機への心理支援(演習)
11 臨床コミュニティ・アプローチとしての心理教育:臨床コミュニティ・アプロー   チの視点からの予防啓発的な心理教育
12 臨床コミュニティ・アプローチの実践的展開1 教育領域、福祉領域
13 臨床コミュニティ・アプローチの実践的展開2 医療領域、司法・矯正領域
14 臨床コミュニティ・アプローチの実践的展開3 地域、留学生支援
15 まとめ
教科書 使用しない
随時資料を配布する
参考書・参考資料 金澤吉展 2004 臨床心理的コミュニティ援助論 誠信書房
植村他著 2006 よくわかるコミュニティ・心理学 ミネルヴァ書房
窪田由紀 2009 臨床実践としてのコミュニティ・アプローチ 金剛出版
成績評価方法 出席・授業への参加=20%、課題レポート=30%、試験=50%
履修条件 臨床心理学的コミュニティアプローチへ関心を持ち、積極的に取り組む姿勢のある方の履修を希望します。
その他の注意 毎回,授業内容に関連したミニ・レポートをNUCTを通じて所定の期間内に入力することを以って,出席とみなす。
NUCTレポート提出8回以上が,定期試験を受験して単位を取得する必要条件とする。