戻る
学部 必修2単位 後期火3,4
担当教員 五十嵐(祐)・橘
科目名 心理行動科学実験演習2[調査・データ解析法] EDUPS3402J
対象学年 2年 他学部受講 不可
時間割コード 0222321
概要 小グループによる共同研究の形式で、調査研究の立案、計画、実施、分析、発表を半期で行います。各グループには、大学院生のTA (ティーチング・アシスタント) が1名ずつつき、グループの研究活動の方向性について指導を行います。毎回の授業では、研究の進捗についてグループで発表し、質疑応答も行います。最終回のグループ発表の終了後には、個人レポートが課されます。
到達目標 ・心理学的研究を実施する際の手順や心構えについて学ぶ。
・質問紙を用いた調査的研究の基本的な手続きについて学ぶ。
・データ解析の基礎について学ぶ。
・プレゼンテーション能力の向上を目指す。
・レポートの作成、表現力の向上を目指す。
授業の内容 授業は隔週で開講されます。各回の授業は原則として、前半部分が講義、後半部分がグループ発表となります。
1 授業ガイダンス、グループの決定
 ・科学的研究としての心理学研究
 ・研究のプロセス
 ・調査法の特徴
 ・課題:先行研究の収集
2 調査実施のための知識(1)
 ・相関関係と因果関係
 ・心理変数の測定
 ・課題:リサーチ・クエスチョンの精緻化
3 調査実施のための知識(2)
 ・母集団と標本
 ・質問紙の構成
 ・研究倫理
 ・課題:問題と目的の吟味、質問紙の作成
4 調査実施のための知識(3)
 ・尺度水準
 ・分析計画
 ・課題:質問紙の改訂、分析手法の決定
5 調査実施のための知識(4)
 ・調査実施の心構え
 ・分析の手順
 ・課題:質問紙の完成、データ入力の準備
6 データ分析実習
 ・分析方法の復習
 ・Rによるデータ分析実習
 ・課題:調査の実施、データ分析、結果の解釈
7 成果報告
 ・グループ別発表
授業終了後、個人レポートの提出を求めます。
教科書 必要な資料は、授業中に配布します。
参考書・参考資料 安藤清志・沼崎誠・村田光二(編著) (2009). 新版 社会心理学研究入門 東京大学出版会
南風原朝和・市川伸一・下山晴彦(編著) (2001). 心理学研究法入門 調査・実験から実践まで 東京大学出版会
鎌原雅彦・大野木裕明・宮下一博・中沢潤(編著)(1998). 心理学マニュアル 質問紙法 北大路書房
村上宣寛 (2006). 心理尺度のつくり方 北大路書房
村田光二・山田一成・佐久間勲(編著) (2007). 社会心理学研究法 福村出版
山田一成 (2010). 聞き方の技術:リサーチのための調査表作成ガイド 日本経済新聞出版社
成績評価方法 グループ発表50%、個人レポート50%。履修取り下げ制度は採用しません。
また、心理学の研究手法について理解を深めるため、授業時間外に、調査・実験課題への参加を求めます。30分までの実験への参加を0.5ポイント、30分以上の実験への参加を1ポイントとし、3ポイント取得することを、単位取得の要件とします。
履修条件 調査データの分析には、心理統計の知識が不可欠です。「心理・教育の統計学」、「心理・教育のデータ解析」を先行・並行して履修してください。
その他の注意 時間外のグループワークが必須となります。また、履修取り下げ制度は採用しないため、すべての授業に必ず出席し、課題を遂行することを前提として履修してください。隔週(4コース共通)
「心理行動科学実験演習3」との重複履修可。